FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

カニューシャ第1巻20 | main | カニューシャ第1巻18
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カニューシャ第1巻19
 表面投影を止め透明に戻った厚い床材の下。
 埋設されたそれは色取々の合図素子が夜景の様に瞬く情報化都市の神経模型だった。
 天空建築、天空有線網、電波塔、交通網、電力網、環境監視網。
 公園は低く疎、高層住宅は高く疎、商業施設は高さを問わず密。
 実世界建築を反映するだけに見えてその実、埋め立て地の放送局等は床を突き破りそうなほど巨大で高密であり立体模型は送受信の密林を適切に表現していた。
スポンサーサイト

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| カニューシャ | 17:29 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/93-4b503325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。