FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

カニューシャ第1巻07 | main | カニューシャ第1巻05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カニューシャ第1巻06
 微かに二重で黒目がちな上がり目を今は錠前と帯革で固定された細身の掛け視野が覆う。
 掛け視野の黒い遮光は濃く、装着者の肉眼による視認性を完全に奪う状態になっていた。
 飾り気の無い両耳に填められた聴取器の合図素子は彼女が立てる控えめな足音にも瞬く。
 色白の頬とふっくらした唇は思春期の少女らしく化粧無しでもほんのり色づいていた。
スポンサーサイト

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| カニューシャ | 17:02 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/80-01c8539b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。