FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

魔法少女まどか☆マギカ ep05 時点感想 | main | 【ネタバレ警告】魔法少女まどか☆マギカ ep04 時点感想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
魔法少女まどか☆マギカをきっかけに、魔法少女モノについて、考えてみた。
刺激されたのは、このあたり。
http://togetter.com/li/93538
http://togetter.com/li/93497
# 魔法少女の源流を、奥様は魔女に連なる異邦人の話と見ているところ、凄く納得しました。
# そういえば、『ちょっと浮いちゃってる子』が主人公のことが多いよね。


~戦隊モノと魔法少女モノの差~
結構、簡単な気がします。

(戦隊モノ,ライダーの主人公の年齢 - 本来のターゲット年齢層) > (魔法少女モノの主人公の年齢 - 本来のターゲット年齢層の年齢)

戦隊モノ,ライダーの主人公で、小中高校生は珍しい。
魔法少女モノの主人公で、大学生以降は珍しい。


 ここで、本来のターゲット年齢層とは、その番組のスポンサーのおもちゃがターゲットに据えている年齢層とします。
 プリキュアのパジャマなどが、すんなり着られちゃう年齢層。
 大きなお友達とか、イケメンライダー目当ての主婦とかは、あえて外します。


ただ、上記の考え方だと、キューティーハニーは、戦隊モノ,ライダーに近くなってしまいますが。

あと、ぱっと思いつくところで--名探偵コナンは、男の子版魔法少女…ではなく、少年探偵の末裔かと。


「物理的なおもちゃ」のスポンサーの影響は、忘れてはいけないと思うのですよ。
だからこそ、深夜・OVAで、制作陣がどんな、「開放感」を味わおうとしているかを見るのが楽しいわけで。


魔法少女は年長者への憬れに破れたか?
いいえ。
物語のなかで活躍する主人公たちの本来のターゲット年齢層より高めに設定してあります。
あの子たちを、『子ども』と捉えるのは、保護者と大きなお友達の主観です。
ターゲット層から見れば、イマドキの魔法少女たちでも『年上』のカッコイイお姉さんです。


大きなお友達から見た場合の魔法少女は?
「振り返る昔の憬れ」
振り返って考える子どもの頃の憬れなのだから、危うい願望だったと気付いてしまうのですよ、きっと。
レイアースや、まどかマギカなど、大きなお友達を強く意識した作品が、このあたりを突いている気がします。
# CCさくらは…CCさくらは、『作者さん方、自重』ってことで。


第4話のまどかマギカのまどかを見ていると、レイアース2出だしの光・海・風がよぎって仕方ありません。
差があるとすれば、レイアースでは、殺害と同時に、願いが現実になるルールが、破壊されたけれど、まどかマギカでは、存続しているということ。
何が言いたいのかというと、マミさんがが蘇る可能性がまだまだたっぷり残っているってことだよっ!
スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

| 日記 | 23:24 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/437-d42527b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。