FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

この冬は二日目と三日目に一般参加予定 | main | 東方香霖堂「無々色の桜」感想…というか考察
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
映画 イノセンス
人間は孤独では生きていけない。
しかし、伴侶が人間である必要はあるか?
という映画に見えてきた。

動物が伴侶となることもあろう。
人形が伴侶となることもあろう。

伴侶としての人形は、「人間の伴侶を得られない人の致し方ない代替物」ではない。と映画は主張しているように見える。

1点目は、ハラウェイの台詞。「むしろ出産・育児の方が人形遊びに…」のくだり。
2点目は、少佐の台詞。「鳥の血に悲しめど…(略)人間になどなりたくなったといったでしょうね」のくだり。

#あと、人間ではなく、動物の人形が登場するあたりとか。人間の代替…という節だと、バトーが先代(?)のガブリエルの人形(犬形?)を大事に飾っている理由が説明できない。
スポンサーサイト
| 日記 | 23:44 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/426-3437cc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。