FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

重音テトが動画を見ながらシンデレラケージを練習中です。(累計レッスン8日目) | main | 重音テトが動画を見ながらシンデレラケージを練習中です。(累計レッスン6日目)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
重音テトが動画を見ながらシンデレラケージを練習中です。(累計レッスン7日目)
なにやら、UTAUの新しいバージョンが発表された模様ですが、
ひとまずは、昨日までと同じバージョンで行きます。

[いまわむかし]
むかーしの音符の長さを、マウスで微調整してみます。

いまをオートピッチで結んでみる。
…改善無し。
いについて音のプロパティでBREを0にしてみる。
…あっ、ちょっと良くなったかも。
モジュレーションを0に。
…うーん、い単独でノイズが入っている気配。
深さ12、上下の比率+4で波立たせる。
…ダメか。
い↑にしてみる。
もはやブザーorz
い と うぃ を組み合わせてみる。
…orz
キに変えてみる。
ダメか。
BREを100にすると?
声の枯れたヤギみたいorz
No Formant Filterチェックも入れると、い↑やい↓が面白くなることはなるんですが。

そうだ。
新しいプロジェクトを作って、「い」を標準の高さでずーと言い続けた時、どこに濁りが出るのか聞いてみよう。
…。
なんか、後半にも、ブブッとした音が入るような。
あっ、でもそれは、 あ を伸ばした時も一緒か。

でも、この単純な実験で確信できたことが一つ。
い と ま の間の音の差が問題なんじゃなくて、
い段の音そのものが、何か雑音を引き起こしてる。

というわけで、最終的には、波立たせるを、80%近い長さ、深さ30で入れて、
か と オートピッチでつなぐことで解決しました。

ただ、その余波で、ほかの音もオートピッチや波立たせるを組み合わせることに。
もう、どう調整したのか、自分でも思い出せません…。
#ファイルを見れば、定量的に確認できるはずですが。


[つきのみやこでは]
母音結合+オートピッチ(ゆかりんセットと命名)の組み合わせから入って、
いろいろ調整したのですが、
もう、細かな値が思い出せません。
最後、エンベロープ機能に手を出したような…?


てなわけで。
今は昔 月の都では(mp3 8秒)
編集モードで見ると、こんな感じです。



F4キーで出る画面を、アストラル知覚とか言ってましたが、
正確には編集モードと呼ぶそうです。
詳細は、飴屋/菖蒲様のブログに。
http://utau2008.blog47.fc2.com/blog-entry-15.html#more

以下、また二次創作臭のするあとがきです。
テト「君はじつに馬鹿だな。
   い段の発音ぐらい、WAVを直接加工すれば一発なのに」


 まさにお嬢ッ!
 そんなソフト、そう簡単に見つけられるか!
 「どんなマイクも握ります」じゃなかったんかいッ!

テト「君はじつに馬鹿だな。
   『でも、フィルターは選びます』」


 そーですか。


テト「君はじつに馬鹿だな。
   なに、ゆかりんセットって」


 母音結合とオートピッチって、どっちも音符の境界を操るでしょ?
 いや、操作方法に愛称つけた方が分かりやすいかな、って。
 ほら、オートキャノン2門+大口径レーザーっていうより、ライフルマンセットって呼んだ方が分かりやすいでしょ?

テト「まず、その喩えが分からないわよッ!」
スポンサーサイト

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:アニメ・コミック

| UTAU | 00:25 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/296-0bec9906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。