FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

カニューシャ第2巻62(第2巻完) | main | カニューシャ第2巻60
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カニューシャ第2巻61
 偽看護士の手錠で入念に拘束された生身の
中乃キミハを余所に。
 榻摩トソに憑依した黒髪の少女は、建造途
中の天空建築、その屋上の鉄骨に直立した。
 都内各所の望遠撮影装置が覗く中、暮れな
ずむ夏の空に両手を広げ、目を閉じた。
 カニューシャ、流出。
 まず、才能搭載技術の利害関係者の名簿、
技術の再現に必要な文書が平文で発信された。
 共有剤の有効距離を才脳で増幅した榻摩ト
ソの身体を空中線にして。
 そして潜伏したカニューシャに対する連絡
らしき暗号文が発信された。
 中継器こそ「雷雨」で封鎖していたものの、
破防庁は情報は流出したと結論付けた。

---
カニューシャ
第2巻60
「カニューシャ」を、はじめから読む
スポンサーサイト
| カニューシャ | 00:52 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/240-9821a6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。