FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

アクセス解析を振り返って | main | 「シンデレラケージ」9
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ローゼンメイデン・オーベルテューレ前後編感想
今回のお話を見てから第一期の決戦やトロイメントを見ると各場面の面白さが増した様に感じます。

以下、ネタばれを含みます。
OP
冒頭の水銀燈、キャラクターから器物へ転換するアニメーションが凄い。
テーマソングの「薔薇獄乙女」は出だしからエロい。大好き。

真紅
--「嫌な女」--
懐かしい好戦的な真紅。
ホッペの丸みの判る作画が何とも可愛らしい。
トロイメント前半で描かれた苦悩を体験していないため、「固定観念が鼻につく」場面が多く描かれている。
それは今回最大の伏線として機能することに。
嫌な女、っていう水銀燈の台詞、ネットでも流行ったのね、やっぱり。
ところで、どうしてガラス窓を修復する能力はブローチに使えなかったのだろう。
身体の一部ということになってしまうのだろうか?

水銀燈
--「でもなんか気持ち悪い。真っ白だし」--
棚から転落して地面に叩き付けられるアニメーションの何と無惨な。
鞄で記憶を取り戻す、という場面にニヤリ。
第1期で鞄で眠らせて貰えない蒼星石を、大切な時間を奪われていると評していたっけ。

蒼星石
--「誰の趣味かしら?」--
アリスゲームの固定観念に捉えられてしまっている。
違う時代、ということで男装以外の服装も見てみたかったかも。

翠星石
--「あれでもう少し性格が良ければな」--
焼き餅のツン、不意打ちデレ、余計な一言でのツン、と短い場面で「日常パートでの翠星石」の魅力がしっかり描かれているのが楽しい。

サラ
--「馬鹿な娘って思われますよ?」--
しつこく疑問を投げかけることで、真紅の固定観念を揺らすことに。

金糸雀
--「たいしたことは無いわ」--
「198回」…そういえばローゼンメイデンの人形たちはやたら数字に細かい。
元ネタなんだっけ? 不思議の国のアリス?
そして、人形たちは何故か固有名詞の記憶が怪しい。
カナリア、トロイメントでは翠星石に「神奈川」と言われていたような。
姉妹では真紅についで覚えやすそうな名前なのに。

雛苺
--「大っ掃っ除っ~」--
本放送は年末に行われていたと思い出す。

薔薇水晶
--「美しい…? 真紅より?」--
槐への思慕と真紅への嫉妬。
短い場面でもしっかりキャラクターが成立している。
というか、トロイメントでも、それだけで動いていた節が。

ジュン
--「人間の器がプチサイズ過ぎるのです」--
真紅の胸元にはブローチが似合うと看過する所も、見事なマエストロっぷり。


--「恐らく人形師よ」--
やはり常人とは違う時間を生きていた。
ただ、サラの時代では、真紅に接近しても彼女らの行動に影響するには至っていない。
そういえば、水銀燈が「アリスゲーム」を知ってから鏡に入るまでのプロセスもカットされている。
彼女の記憶が戻った、と解釈することも可能だけれど、戦いの理由は判っていなかった。
この辺り、何かカットされたエピソードがあるのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

| ローゼンメイデン | 21:56 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/156-9b9dce62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。