FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

カニューシャ第1巻38 | main | カニューシャ第1巻36
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カニューシャ第1巻37
 ルルイの後ろには診察台に拘束され掛け視野で目隠しされ防声具を噛まされた少女。
「雛たちの走査、完了いたしました」
 ルルイを映す正六角形画面に隣接する形で正五角形画面が現れて帯図表を表示した。
「走査可能な雛は七十体でした」
 走査不能の十数名を表す短い帯から注釈線が伸び、新たに六角形の画面が現れる。
 昏睡状態であるにも拘わらず遠隔操作を警戒した職員によって社会見学用の服装のまま病室の寝台に拘束された少女達の様子が画面に映っていた。
 掛け視野を装着せずヨツユの音声しか受信していない部下は報告を続ける。
「行ったのは、真偽査問と漢字変換走査です」
 それぞれに関する詳細を示す画面がヨツユの視界に咲き乱れる。
 正六角形と正五角形を組み合わせた画面は既に球形全方位画面の片鱗となっていた。
 名義上は特務員ながら事実上監視対象の少女の様子を見落とさない様、その無抵抗な腹部を愛撫しながらヨツユは全項目を確認した。
 事務的に告げる。
「了解。
 捜査方針を第三象限に変更。
 別経路の探索を開始されたし」

スポンサーサイト

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| カニューシャ | 17:46 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/111-13a8ae11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。