FC2ブログ
文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

カニューシャ第1巻36 | main | カニューシャ第1巻34
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カニューシャ第1巻35
 顕わになるのは少女を詰めた簡素な球体。
 監視装置、空調、蓋としての役割を兼ねた天井の光源は体操着の様な高吸水性樹脂の囚人服を着せられた女子を煌々と照らしていた。
 疲れ果てた黒髪に畳字「〃」を2つ作る勾玉型の髪留めは右脳側は赤く左脳側は青い。
 柔軟体操を始めても延ばした指が壁に触れてしまいそうな狭い球体に閉じ込められた少女は排水溝の蓋の上で膝を抱えて、目に掛かる前髪の隙間から裸足の爪先を見つめていた。
 ヨツユの内心を知る由もなく映像を共有する検索官は同い年の少女を見下し言った。
「重要参考人、中乃 稀美葉。
 首都圏で流通し始めた配信麻薬は彼女の才脳と互換性を持つ規格でした。
 鍵持は、常習者なら誰でも操縦出来ます」
 さらに検索官は一枚の写真を取り上げた。
 掃除を終えた水泳場で体育水着に身を包み水鉄砲で武装した少女達の祝賀行列。
「搭載少女解散当時、実用的な操縦は一人で限界だった様ですが、御覧の通り同時多数操縦の臨床実験も始まっていました」

スポンサーサイト

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| カニューシャ | 17:56 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ndmctsr.blog20.fc2.com/tb.php/109-b2ddaea1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。