文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
シャ・リオンの歌詞の謎が解けません
●ワーズワースの詩編が元になっている。
●異国情緒っぽく発音しなければならない。
▲首尾一貫したルールで作られているかは慎重に判断する。
▲最大のヒントは、出だし2センテンス目(?)「ノーノーネ」(、クォートゥスター)
 #nonは、英語でもローマ字読みでもあまり発音が変わらない。逆から読んでも発音が変わらない。たとえ、言葉をばらばらにしているとしても、「元になった詩」は、noかonの綴りを含んでいる可能性が高い。



0:31の映像は、ワーズワースの詩「The Small Celandine」である。
 「worse」「??? lot!」「and shining y*」「Youth」などの手がかりから検索。

1:30 イメージは、どこにも存在いない架空の民族音楽。
 実はこれ、ワーズワースの書いたとある詩を逆さまに拾った音。
 タイトルのシャ・リオンは歌詞の一部です。

 よく分からないですって? つまりこういうこと。
 これからも よろしくね (KOREKARAMO YOROSIKUNE)
 エヌキシュー オノヨマール アケロクゥ(ENUKIS OROYOMAR AKEROK)
 
 非常に重要な手がかり。
 単語の分かち書きが当てにならない。
 「S]や「K」の字が、異国風に飾られた発音になっている。

曲を逆に聴くと不思議な言葉が現れるかも知れませんよ?



ボーカルの仮録音の時、英語の詩をカタカナ読みしてさらには逆から適当なフレーズでくくりメロディにのせてみました。
:http://michiru-oshima.net/?p=161
一度、「カタカナ読みして」という記述がある手がかりはこれだけ。
ちなみに、大島さんのページでは、英語の歌詞が「ワーズワース」の詩である、という言明がないように見えます…。

歌詞を作る時間もなかったために、その時は英語の詩を逆から読んで仮の歌詞としたのですが、それがあまりにもピッタリだったので歌詞はそのまま本録音にも使う事にしました。
:http://michiru-oshima.net/?p=266


謎解きがやめられない方には、こんなサイトもあるそうですよ? 庭で冒険するメイメデル(あなたもシャ・リオンの元になった詩を探してみませんか)
スポンサーサイト

テーマ:フジテレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

| 日記 | 16:19 | トラックバック:0コメント:0
ナターシャ + ネズミ + スターリン = ナズーリン?

岡野玲子 妖魅変成夜話 1巻を読む。ヒロマサだ、ヒロマサ君がおるw 陰陽師の初期のノリがあって楽しい。

| 日記 | 21:04 | トラックバック:0コメント:0
つぶやき
3Dカスタム少女で遊ぶうち、ストパンのサーニャと東方星蓮船のナズーリンの比較に至る。

東方のMIDIをダウンロードしてDominoで開いて視聴中。どうして高音が途切れることが多いんだろ?
| 日記 | 21:58 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。