文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カニューシャ第2巻5
 仮に生まれの違いから姉には想像し難い話
だったのだとしても、納得出来ない。
 普段は部下達が恐縮する程の気遣いを表現
出来る女性なのに。
 この疑問に答えてくれそうな機能を自分が
持っている事にシズワタは気付く。
 姉はカニューシャとしての接続を再開して
いるだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| カニューシャ | 19:37 | トラックバック:0コメント:0
カニューシャ第2巻4
カニューシャ第2巻3
 採用面接では隠していた傷を告白し終えるとシズワタの身体から焦燥感は消えた。
 そして姉の表情に気付き、戸惑う。
 何か珍しい物を鑑賞する様な顔だった。
 目上の女性に泣かれるのは今でも嫌だな、とは思っていたが、不躾とも取れる真正面からの眼差しは予期していなかった。
 通じない話だったのだろうか。

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| カニューシャ | 00:58 | トラックバック:0コメント:0
携帯向け小説「猫」03
 最近の自販機は猫の手に優しい。
 貰い物のプリペイドカードを押し付けると、ちゃりーん、と言う音の直後に冷たい飲み物が出てくる。
 夏は「あったかい」方を間違って選ぶ危険も少なくて嬉しい。
 ただし、缶の開封は優しくない。
 それでも苦労して白く甘い清涼飲料水を飲み干し、猫は唇に付いた一滴を嘗めずった。
 雲行きの怪しくなった空を木陰から見上げ、彼女は願う。
「飼い猫になりたい」

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| 携帯向け小説「猫」 | 00:58 | トラックバック:0コメント:0
カニューシャ第2巻3
 シズワタとの面会終了直後、実母は名義完全凍結を含む実刑を受け、音信不通となった。
 都落ち直前、秘書を求めていたコウヨウコに口説かれ、シズワタは再び苗字を得た。
カニューシャ第2巻4

テーマ:同人系 - ジャンル:小説・文学

| カニューシャ | 17:20 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。