文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
カニューシャ第2巻2
 席で待っていた実母は少し痩せて見えた。
 服装や装飾も地味になっていた。
 化粧には華やかさが無い。
 それを予想していたシズワタも装いは控え
目だった。
 給仕の勧めでシズワタも席に着く。
 実母は口を開かない。
 向かい合うシズワタは予感に気圧されて何
も言い出せなかった。
 既に注文済みらしく食事が始まった。
 母子それぞれに土鍋を用意しての蟹鍋。
 シズワタは何も言えなかった。
 数週間前から確定していた末路なのに、震
えが止まらなかった。
 実母が言葉を発したのはシズワタが辛うじ
て最後の雑炊に追い付いた時だった。
「ごめんなさい」
 母のその一言で、思ってもなかった量の涙
をシズワタは零した。
 母が謝る姿なんて見たくなかった。
 何時も強気で仕事の時でさえ滅多に頭を下
げない人なのに。
 有り得ないとすら思っていた言葉は家族の
凋落を嫌でも実感させた。
 即座に泣き出した自分は惨めだった。
 競争なら勝ってみせれば良い、等と空を見
上げた正月は逃避も兼ねた自惚れだった。
 こんなに呆気なく何もかも崩れた。
 卒業証書を受け取る時に覚えた穏やかさは、
希望でも決意でも無かった。
 そうでなければ、この無能さは何なのか。
 今こそ母を慰めなければならないのに。
 それこそ目標だったはずなのに。
 無力で無様なしゃくり上げが止まらない。
 今まで努力してきた事は何だったのか。
 誓いと実践は、あらゆる困難に立ち向かう
凄い発見だと信じた以前を思い出す。
 家族の絆を金銭に換算する資産学徒制度は
幼い頃予感したままの恐怖を現実化させた。
 母は今まで余所の子にしか使わなかった優
しい口調で今後の事を告知し始める。
 シズワタは許可された面会の終了時間が近
づいてきている事に気付いた。
 伝えなくては。
 後で届く治療案内なんてどうでもいい。
 今、母に自分の気持ちを伝えなければ。
 それなのに嗚咽が邪魔して言葉にならない。
 何で私は、こんなに弱い!
 何でこの身体は、言うことを聞かない!
「本当に、ごめんなさい」
 母が席を立つ気配。
 待って!
 お願い、待って!
「お母さん!」
 振り絞った絶叫は、言った自分で余りに切
なくて噎びが酷くなった。
 母が近づいてくる。
 言葉を言うだけなのに!
 どうして!
 結局、シズワタは何も伝えられなかった。
 背中を摩ってくれた母の手を握るだけが精
一杯だった。
 握り返してくれた母も泣いていた。
「貴方を産んで良かった」
 母は、ちゃんと言葉を口にした。
 シズワタは最後まで母に及ばなかった。
スポンサーサイト
| カニューシャ | 22:45 | トラックバック:0コメント:0
カニューシャ第2巻1
 校内放送で呼び出されたシズワタは、その
知らせに座り込んでしまった。
 母は生物学的超健常技術に関する脆弱性隠
蔽と顧客情報不正閲覧の容疑で逮捕された。
 母の勤め先は、販売していた受精卵の或る
世代に保証書として埋め込んでいた特許遺伝
子に医学的な脆弱性を発見しながら、その報
告を改竄して発表し、該当する顧客に対し極
秘裏に遺伝子治療を施していた。
 シズワタの母は、不正に至る全ての意志決
定に関わっていた。
 また発覚した脆弱性の該当者名簿にはシズ
ワタも含まれていた。
 会社が行った対策治療の有効性が医学的に
確認された瞬間、その犯罪は破壊活動防止庁
によって暴露された。
 不正の一部始終を監視し、その解決手段を
確保した上で容赦無く公共に晒す。
 シズワタは、その時初めて、都を掌握した
透明な検索機関の恐ろしさを体験した。
 後は、ただ結末だった。
 飛躍を決意して願書を提出していた大学院
からは、受験資格剥奪の通知が届いた。
 筆頭保護者の名義が凍結された為、立ち退
きの期限を数える通知を開封する事が、自宅
に一人待つシズワタの日課となった。
 経済的保護者のいない女子として再度、資
産学徒になれる進学先を探したが、受験資格
辞退者待ちの手続きは徒労に終わった。
 何一つ目処の付かないままシズワタは卒業
を迎える事となった。
 貯金を崩して美容室に身を委ね、正装して
もシズワタの姿に生気は無かった。
 何故か残響が耳に付く会場に、実母はもち
ろん、早々に損切りを実行した他の保護者達
も現れる事は無く、腕章を付けた記録用の業
者もシズワタの姿を撮ろうとはしなかった。
 苗字も協賛も無く自分の名前だけが書かれ
た未だに紙媒体が伝統の卒業証書を、冷えた
手で一人受け取り、シズワタは一礼した。
 その瞬間の穏やかな表情すら誰も撮影しよ
うとはせず、手順通りの手早い拍手だけを受
けて、シズワタは壇上を後にした。
 二次会にすら出席せず家に戻り眠っていた
シズワタに実母との面会を許す知らせが届い
たのは日付が変わった瞬間だった。
 場所は、シズワタも良く知る都内の料理店。
 指定時刻は、一時間後だった。
| カニューシャ | 00:08 | トラックバック:0コメント:0
カニューシャ第2巻はブログで発表します。
 カニューシャ第2巻はブログで発表します。
 金銭的な対価を得る事は無理そうですが、Web拍手による応援を、期待出来る報酬とする事にしました。
 第1巻の売上を踏まえると同人誌による発表は経済的に困難だからです。
 同人誌委託コーナー参加費用ですが、固定費だけでも、参加申込案内取り寄せ費用 + 参加登録費 + 荷物返送料 + 小為替手数料 + 申込手続き郵送費用 + 納品費用、とDVDでも買えそうな金額になります。
 しかも、これはコンピュータやアプリケーション、プリンタ、人間を費用に入れない場合です。
 さらに機会原価まで含めると目を背けたくなる赤字です。
 変動費(製造費用と販売手数料)は、コミケの特異性のおかげで簡単に調整出来るのですが、固定費は二桁以上の売上が無いと解決出来ません。
 それでも敢えてコミケに参加したのは、幾つかの理由からです。

1.憧れ。日本に生まれたヲタクとして一度、同人誌を作って販売してみたかった。
2.野望。もしかしたら黒字になって同人誌一冊ぐらいは買えるかも。
3.空気。コミックマーケット一般参加者は、作品の出来,不出来や作風の特異さに対して比較的寛容。最低でもヲタクに対する理解は得られる。

 しかし、1.は既に満たされましたし、2.は現時点で困難と判明しました。
 3.は今も魅力的ですが、ブログの様に大量参加,頻繁更新のメディアなら、少なくとも、細々と活動する事は出来そうです。
 それにブログなら通信費と機会原価だけで済みます。
 段落単位で少しずつ書きながら載せる事になると思います。
 好評なら連載。
 不評なら削除。
 無反響なら放置。
 この方針で、近々始める予定です。
| サークル活動告知,報告 | 16:54 | トラックバック:0コメント:0
C68同人誌委託コーナーから売上代金が届きました。
今日、C68同人誌委託コーナーから販売手数料差し引き済みで売上代金が届きました。
c68委託コーナーで販売した「カニューシャ 六十八委託用 速報版」の売上です。
同人誌委託コーナー参加申込案内取り寄せ費用は回収出来ました。
定額小為替証書は6ヶ月以内に換金する予定です。
お買い上げ下さった方、ありがとうございました。
(記事は23日に掲載しました)
| サークル活動告知,報告 | 23:30 | トラックバック:0コメント:0
携帯向け小説「猫」02
 ガッ!
 彼女の鼻先でチェー
ンがドアの開放を阻害
した。
 嫌な予感。
 猫は頭も入らない僅
かな隙間から薄暗い家
の中を覗き込む。
 キラキラした魚が泳
ぐ水槽は靴箱の上で今
日も稼働している。
 キョロッと廊下の奥
を見て声を上げる。
 ねぇ!
 呼び掛けてみるも返
事は無い。
 ねぇ、おばちゃん!
 やっぱり返事は無い。
 耳をそばだてる。
 いつもならテレビ、
掃除機、洗濯機や換気
扇の音が聞こえる。
 なのに静かだった。
 水槽の横に置かれた
芳香剤が邪魔だったが
洗面所やトイレの臭い
は、この家が数日以上
無人である事を教える。
 予感、的中。
 夏の災難。
 涼しい食堂で、遅い
お昼ご飯をネダる目論
見だったのに。
 お人好しのおばちゃ
んは家族旅行に行って
しまったらしい。
 お得意様が旅行に出
掛けて、ひもじい事に。
 夜会でよく聞く失敗
を自分もやらかしてし
まったらしい。
 通い詰めて媚びなく
てもご馳走して貰えた
から油断していた。
 猫はシオシオとドア
を閉じ、合い鍵で施錠
し直した。
 鍵を半ズボンの右ポ
ケットに仕舞う。
 どーしよー!
 暑い!
 ベタ付く!
 喉渇いた!
 お腹空いた!
 恨めしげに振り向い
ても木に鈴なりに留ま
るセミの鳴き声は収ま
らなかった。
| 携帯向け小説「猫」 | 07:05 | トラックバック:0コメント:0
携帯向け小説「猫」01
 「猫」(仮称)。
 始めにお断り。
 おとぎ話です。
 ヲタク向けです。
 拙作に対する解剖学
的,生物学的,社会学
的,その他科学的考察
は無意味です。
 02は一週間以内に掲
載する予定です。
 好評なら長編化。
 不評なら削除。
 無反響なら放置。

「ねぇ、君」
 黒髪を伸ばした小柄
な人影へ掛かる声。
「一緒に猫探さない?」
 振り向いた少女は猫
だった。
 学期末で小中学生の
下校が早い住宅地。
 三角耳で警戒しなが
ら昼下がりの細い瞳孔
で少女は呆気にとられ
た若者を品定めする。
 うわっ、無職。
 実際にはフリーター
だった青年の前で猫は
素早く飛んだ。
 スニーカーを履いて
尻尾で重心を取る少女
はフェンスの上を駆け
て団地の隙間に消えた。
| 携帯向け小説「猫」 | 13:55 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。