文芸サークル「名で充ちた空」ブログ

名で充ちた空

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
第17話 グッバイ・シスター感想
サラダはアウト。
ケーキはセーフ。
ちぃ、おぼえた。


いや、もう、マジ「パインサラダ」ですかとビビったですよ。

ファイアボンバーの曲、懐かしいな-。

あと、クラン・クラン。
ベッタベタです。
でも、オッケーですッ!((c)レベルE)
スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

| マクロスF | 00:43 | トラックバック:0コメント:0
マクロスフロンティア第2話鑑賞時点感想
もし、アニメに教育効果があるとしたら、マクロスFが提供しようとしているテーマは『プロ意識』かも知れません。
「妄想界の住人は生きている。」(だんちさん)の第1話感想を読んでから、
第2話を見て、そんなことを思いました。

一度そう思ってみると「プロ」、そしてその対極としての「素人」というキーワードを登場人物が頻繁に口にしていることに気付きました。
とくに、みwikiさん歌姫シェリルと、SMSのおっさん。
シェリルについては、オタク受けしなさそうな(ファンに対する愛嬌と楽屋での温度差が大きい)言動が目立ちますが、
「安全に」「コンスタントに」「自分の最高スペック」を発揮することを心がけている、
と思って見ると、行動が常に「プロ」。(wikipediaに、ほとんどそのままのことが設定として書いてあって吹いたw)
第1話の敵襲の時、アルトは、観客より先に退避する彼女を怒っていましたが、
防衛するプロから見て、彼女と彼、どちらの判断がありがたかったかは、
敵兵器に殺されてしまった、あの軍人さんの言葉の通り。

シェリルに対して、早乙女 アルトは、主人公補正で何とか無事に済んでいるものの、
「一か八か」で「行き当たりばったり」に「最高スペック」を発揮しようとする。
それがどれだけマズいかは、「もし、あそこで主人公補正がなかったら」と各場面を振り返ってみるとわかります。
そりゃ、ノリでうんぬん、とプロのおっさんにぶん殴られるわな、という感じです。
彼の苦悩の本質は、「見た目」より「プロ意識の不足」にあるように見えます。
カブキ俳優の息子、という設定の理由が最初謎だったのですが、
「家の家業を継ぐ」と「自分のやりたいことを職にする」の間で、
色々悩むところが今後のキーになるのかも知れませんね。

以上、月曜日を前に1時間だけ、本格的な現実逃避でした。

『追記』
東方歌詞スレ、忙しさに負けているうちに、
スレは移行、板も移転で、びっくり。
曲聴きながら、ゆっくり歌詞を鑑賞したいよー。
感想書きたいよー。

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

| マクロスF | 23:39 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

壱意再帰

  • Author:壱意再帰
  • 同人小説の発表だけでなく作詞も行うので「文芸」サークル。
    感想ブログも兼ねています。
    メールアドレスはndmctsr空excite.co.jp
    (スパム対策のため空の字を@に置き換えてください)

最近の記事
Blogパーツ

カテゴリー
最近のコメント

最近のトラックバック
月別アーカイブ
あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。