名で充ちた空


記事の内容

前へ | 次へ

カニューシャ第2巻4
2005/10/22 00:58

カニューシャ第2巻3
 採用面接では隠していた傷を告白し終えるとシズワタの身体から焦燥感は消えた。
 そして姉の表情に気付き、戸惑う。
 何か珍しい物を鑑賞する様な顔だった。
 目上の女性に泣かれるのは今でも嫌だな、とは思っていたが、不躾とも取れる真正面からの眼差しは予期していなかった。
 通じない話だったのだろうか。

カテゴリ:カニューシャ

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ