名で充ちた空


記事の内容

前へ | 次へ

カニューシャ第1巻32
2006/03/21 19:10

「凄い名前」
 株式奨学制度が広まると共に改名で差別化を図る資産学徒は珍しくなくなった。
 ヨツユの様に管制上の都合で組織から改名を命令される者もいる。
 どちらの場合でも無関係な人間と同姓同名になってしまわない様に気を遣う。
 それでも搭載少女達の名前には関わって半年以上経った今でも慣れなかった。
「みんな、才脳に合わせて改名しました」
 照度を落とした船室に浮かぶ写真全てに署名が入っている事にヨツユは眼を細めた。
 駆瞳 得離絵(くどう エリエ)。
「写真は十分だから推理の委細を頂戴」
 足を組み直すヨツユの言葉に答えて給仕するキミハが開いたのは一巻の動画だった。
 どちらも何故か開けっ放しにした試着室に入ったコチラとキミハが二人とも左側を向いた状態で同時に腰の帯革を締めている。
 間仕切りを隔て共に自室の姿見へ向き直ると鴇色の髪を束ねているコチラまで黒髪を掻き上げるキミハと同じ仕草をした上で襟飾りを締める手つきまでもが揃っていた。

カテゴリ:カニューシャ

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン



Powered By FC2ブログ